大敵はその辺にチラホラ|くすみの原因は意外な所にあった

加工食品と洗顔法に注意

肌ケア用品

その特徴は食生活にあり

日常生活には、知らず知らずのうちに肌トラブルを引き起こす原因が潜んでいます。敏感肌に悩む人も多いのですが、普段は気づかない、「隠れ敏感肌」を持つ人もいます。敏感肌の特徴としては、食生活が強く関わっている場合が多いと言えます。なぜなら、外食や加工食品には、ホルモンバランスを崩れさせる人工物が多く含まれており、肌の免疫力を低下させることになるからです。例えば、トランス脂肪酸や活性酸素を知らないうちに摂取している場合は要注意です。主にこれらが含まれている食品には、ポテトチップスなど油で揚げている食品や、マーガリンに含まれるショートニングと言われる植物性油脂が代表的なものとしてあげられます。まずは、普段食べているものをチェックしてみることから始めてみましょう。

正しい洗顔方法とは

また、敏感肌のトラブルが続く場合、洗顔にも気を使うことが大切です。電子レンジ1分の加熱で手軽に作れるホットタオルは、自宅でサロン並みの肌ケア効果を引き出してくれる魔法のアイテムです。顔を30秒から1分ほど、タオルで蒸してから洗顔をすると、より洗浄力が高まり、蒸気で毛穴がふっくらします。また、洗顔料は泡タイプのものでなければ、しっかりと泡立てて使いましょう。特にTゾーンは皮脂が多いため、まずはそこに泡をのせます。Tゾーンから顔全体に広げ、泡の弾力を活かしながらクルクルとマッサージするように洗顔しましょう。洗顔後は放置せず、すぐに化粧水などをつけてあげましょう。敏感肌の場合、水分や油分が蒸発するスピードが早いため気を付けましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加